日々のちょっとしたプチ・ヘブン&Mスポーツ&家事?をこよなく愛する♪ライフBLOGです。


by bunbunF
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

晴天にも恵まれた週末、トレイルランの聖地?でもある高尾山~陣馬山へTEAM Tarzan MAUIのチームメイト・大さんと走ってきました。
GOLFコンペの筋肉痛で前半の登りはキツかったけど、山々の紅葉と景色を見ながら気持ちよく走ることができました。
トレランのメッカということもあり、沢山のランナーとすれ違います。
高尾山駅から急な登りが続きますが、陣馬山までは軽いUP・DOWNが続く程度なので巻き道を使えば気持ちよく走れます。

トイレも茶屋も数カ所あるので、トレラン初挑戦の人でも軽い装備で楽しめます。
往復・約30キロを4時間で走破!早い人は2時間弱で走るそうです。。。
トレランの醍醐味は美味しい空気と四季折々の景色を堪能しながら走ること!
苦しいだけじゃなくて、基本はエンジョイ!です。次ぎはいつ走ろっかな~?!

画質は悪いですが、陣馬山(857m)のモニメント
e0083055_12423976.jpg

[PR]
by bunbunF | 2005-10-29 12:31 | TRAIL
週末の快晴は3週間振りだそうです。
本日は“りんご”と一緒に箱根・金時山~明神ヶ岳を歩いてきました。
冬化粧を始めた富士山は麓からキレイに見ることができ、相模湾・東京&横浜の街まで見渡せることができました。標高は1,000mくらいの尾根ですが、景色は一級品です!
トレイルも岩場・笹の葉・竹薮・変化に富んだトレイルが登山客を飽きさせません。山から元気!を沢山もらい今週も頑張れそうです。
帰りに”りんご”のご機嫌が雨模様になったのが気がかりでした(雷じゃなくてよかった・・・)
e0083055_031973.jpg

[PR]
by bunbunF | 2005-10-24 00:05 | TRAIL
暗闇のトレイルを翔け抜ける!果たして完走できたのか?

NEXT・・・
[PR]
by bunbunF | 2005-10-20 23:16 | TRAIL
前半最大の山場「三頭山」をいかに登りきるか?
雨の降りしきる中、地獄の登りが続く・・・。

NEXT・・・
[PR]
by bunbunF | 2005-10-19 23:45 | TRAIL
ハセガワCUP!リベンジに燃える今年は夏場からのトレイル・ランニング&試走2回(夜間走行)でビルド・UPは確実にしている。今年の作戦はハンガー・ノックの危険を回避するため、Slow&eatで「完走」を目標にスタート地点に立つ。
昨年は前日までの台風の影響もあり、最終エントリーが1,500名を割っていたが、今年は悪天候にも関わらず2,200名もの変人達が五日市中学校のグランドに集結した。
変人達(自分も含め)の多さに圧倒されるが、それ以上にグランドに水溜りができるほど雨の勢いは増し、レース前の祝福の雨がランナー達を包み込んでいた。

トレラン仲間とは現地で合流できず1人だけの寂しいスタートとなったが、山に入れば誰もが1人きり。とにかくレースのことだけに集中する。
今回は「完走」だけにターゲットを絞りこんだので、20時間のプラカードの後方からスタートを待つことにした。PM1:00 スタートの号砲が鳴る!71.5㌔の長い旅が始まった・・・。

NEXT・・・
[PR]
by bunbunF | 2005-10-10 17:38 | TRAIL
ハセツネまで1周間!夜間トレーニングを兼ね、トレラン仲間6人で真っ暗闇のコースへ。
今回は第一関門・浅間峠~第二関門・月夜見山までの20㌔!
メインはハセツネ最高地点・三頭山(1527m)を登るのだからこりゃ大変だ・・・。
会社の送別会を抜けだし、都内から2時間かけ武蔵五日市へ。車窓から見える風景はこんな練習やるほうが頭がおかしいと思われるが、内心ワクワク感で一杯なのだ!
アドベンチャーレーサーの坂本くんの先導で、いざコースへ。
昨年の大会は台風の影響で登山道は泥沼化し、大変な思いをしたので今回のコースは嫌なイメージしか残っていなかった。
山は静まりかえり、満点の☆空が辺りを埋めつくす。ほんの数時間前にいた都会のネオンとは大違いだ。
登り始めてから3時間でメインの三頭山に到着!夜中のトレランはヘッドライトの光りのみで、
回りの景色を見る余裕もないから時間の感覚が極端に短く感じる。
頂きから見える、都会のネオンと星空が疲れた体を癒してくれた。本番は景色を見る余裕もないかな・・・。
激坂を一気に下り、風張峠へ!山の中がうっすら明るくなり、時計を見ると5時を回っていた。
朝日が山を真っ赤に染めていく。
帰りのバスまで4時間待つよりは、走って帰った方が早いので10㌔のアスファルト道を走ることに。終わり間際は膝に痛みが・・・。
今回の試走で完走する「自信」から「確信」に変わっていった!
週末は天気が好いのに2日間、潰れるな(涙)

e0083055_10521043.jpg

[PR]
by bunbunF | 2005-10-02 10:28 | TRAIL